シャンプー選びの基本

あなたはどんなシャンプーを使っていますか?
もしかして「適当」にシャンプーを選んでいませんか?

 

育毛初心者に多いのが、育毛剤選びは真剣なのに、シャンプー選びは適当にすますこと。シャンプーは「汚れが落ちればいいや」という程度で、一応は値段や洗浄力などを比べてみるものの、育毛剤選びに比べると「適当」です。

 

しかし、シャンプー選びは育毛剤選びと同じように重要なことです。このことは、しっかり覚えておきましょう。

 

まず、シャンプー選びで大切なことは洗浄力です。このことに異論を唱える方はいないでしょう。そもそもシャンプーの目的が、頭や髪の毛の汚れを洗い流すことですから。

 

ただし、大切なのは洗浄力の強さです。注意してほしいのは、洗浄力が強ければ強いほど良いということではありません。むしろ、洗浄力の強すぎるシャンプーは、逆効果です。頭皮の皮脂が不足してしまい、頭皮乾燥の原因となってしまいます。

 

ポイントは、「適度な洗浄力」です。「適度な」といってもどれくらいなのか分かりませんね。適度な洗浄力のシャンプーかどうかを見分けるポイントは、界面活性剤です。石油系合成界面活性剤を使用しているシャンプーは、泡立ちがよく汚れをしっかり落とします。この場合、洗浄力が強すぎといえます。頭皮環境を守るのに必要な皮脂まで落としてしまうことがあるので、この手のシャンプーは避けた方が良いでしょう。

 

次に、価格ですが、値段は安ければ良いとか、高いから良いという訳ではありません。シャンプーは毎日使うものなので、あまりに高額すぎるものは手が出ません。また、育毛を考えている方なら「できるだけ安いものを」という方も、少ないでしょう。やはり、まずは成分とその効果、それと価格のバランスです。

 

これは、雑誌やWebサイトでいろいろ比較しながら調べてみるのが一番です。そうすれば、相場観というものが分かります。

 

なお、「香り」で選ぶ人も多いでしょう。爽快感を感じられるシャンプーなら、汚れが落ちてさっぱりとした感じになれます。

 

しかし、育毛を目的にするのであれば、香りのことは無視しましょう。考える必要はありません。良い香りがするシャンプーの中には、化学合成香料が使われていることも少なくありません。

 

シャンプーの洗浄力について補足

育毛においてシャンプーは重要なアイテムです。自分の頭皮に合っていないシャンプーを使い続ければ、頭皮はますますダメージを受けてしまいます。弱った頭皮では、健康な髪の毛は育つことができません。炎症がひどくなり、頭皮トラブルが慢性化してしまいます。

 

シャンプーを選ぶとき、洗浄力は重要な要素の一つです。

 

ただし、この洗浄力について勘違いしている人が少なくありません。シャンプーは汚れを落とすものだから、洗浄力は強ければ強いほど良い、そう勘違いしてシャンプーを選んでいる人が少なくありません。

 

これは頭皮の健康状態を維持することにおいて非常に危険な勘違いです。

 

シャンプーの洗浄力は適度なものを選びましょう。洗浄力が強すぎると、頭皮に必要な皮脂や常在菌まで失ってしまいます。これは頭皮環境を健康に保つうえでマイナスです。

 

適度な洗浄力で、頭皮に刺激の少ない成分で作られたシャンプー。これが育毛にとって大切なシャンプー選びの基本です。

 

関連ページ

シャンプーと石油系合成界面活性剤
シャンプーは毎日使うものなので、刺激の少ない安全なものを選ぶことが大切です。
避けたいシャンプーの成分
シャンプーに含まれる成分のうち、育毛をするなら避けた方が良い成分をご紹介。