避けたいシャンプーの成分

頭皮のトラブルは、薄毛・抜け毛を進行させてしまう可能性があります。薄毛で悩んでいる方の多くは、頭皮トラブルの悩みも抱えているようです。

 

頭皮トラブルを悪化させる要因として、シャンプーがあります。ここでは、育毛を考えている方なら避けたいシャンプーの成分について、ご紹介します。

 

1つは、石油系合成界面活性剤です。少量で十分な洗浄力を発揮できるので、メーカーにとっても生産コストを安くできることもあり、多くのメーカーで使用されています。

 

しかし、頭皮への刺激や洗浄力の強さによる乾燥など、安全性について懸念されます。

 

また、多くの化学物質を含んだシャンプーも、できれば避けたいところ。化学合成された、着色料、防腐剤、香料などです。

 

化学物質は、見た目や香りを良くしたり、長期間持たせたりするために使用されていますが、人体にとって絶対安全といえるものではありません。

 

特に、頭皮が乾燥している方、炎症を起こしている方は、その症状をますます悪化させることもあります。こうした化学物質は避けたほうが良いでしょう。

 

シャンプーによく含まれている化学物質

シャンプー剤が合っていないと、頭皮環境を悪化させ、薄毛・抜け毛がさらに進んでしまうことになります。シャンプーに使われる成分について、ある程度知っておくことも大切です。ここでは、避けたい化学物質を挙げておきます。

 

  • プロピレングリコール
  • 安息香酸
  • エデト酸塩
  • ジブピルヒドロキシトルエン
  • ジエタノールアミン
  • オイゲノール
  • 桂皮アルデヒド
  • ジンクピリチオン

 

これらの化学物質は、芳香剤、防腐剤、着色剤として使用されています。皮膚障害を起こすおそれがある危険性も指摘されています。当然ですが、頭皮の状態が悪化すれば、抜け毛も増え、薄毛が進行します。

 

ですから、頭皮によくない化学物質を含むシャンプーは、できれば避けたいところです。

 

関連ページ

シャンプーと石油系合成界面活性剤
シャンプーは毎日使うものなので、刺激の少ない安全なものを選ぶことが大切です。
シャンプー選びで大切なこと
育毛を目的にシャンプーを選ぶときに知っておきたい大切なことをご紹介。